1. ホーム
  2. 原子力
  3. 動き出した再処理工場 ~青森県六ヶ所村~ (1)

動き出した再処理工場 ~青森県六ヶ所村~ (1)

クローズアップ東北

2006年4月21日 放送

原子力発電にとって避けられない問題が「核のゴミ」。原発から出る使用済み核燃料は高い放射線を出しているため、廃棄・処分が極めて難しいからです。この使用済み核燃料からプルトニウムや燃え残りのウランを取り出すために作られたのが、青森県六ヶ所村の再処理工場です。2006年、実際の操業に向けての試験(アクティブ試験)が行われました。 
当時放送されたこの番組では再処理の過程を解説する他、汚染への不安を抱える人々の声を伝えています。アクティブ試験は2006年に終了しましたが、その後、再処理工場ではトラブルが相次ぎ、2011年5月現在、いまだ操業開始には至っていません。(2011.05記)

»この動画のカテゴリー・タグ

  • 原子力

タグ: 青森県 核燃料サイクル 放射性廃棄物 エネルギー政策

関連動画

  • 関連動画を読み込み中...

ランキング動画

ページトップへ